So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ドイツ文化・人生の黄昏に II

ドイツとはこれまでさまざまな関わりをもってきました。ドイツには魅力あふれる都市が多くそれぞれに深い歴史があります。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

これまで訪れたドイツの街々でいまでも心の中にあるのは、やはりベルリンですね。ベルリンには世界有数のオーケストラ、ベルリン・フィルをはじめ、ベルリンドイツ響など数多くのオーケストラがあります。

ドイツの旅の想い出としては、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、やはりオールマイティーなモーツァルトが代表格に挙げられますね。その数少ない短調の作品は大半を占める優雅な長調の作品とは裏腹に何か彼の運命を象徴している雰囲気が漂っています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、過去に5回リーグ制覇しているボルシアMGボルシア・メンヒェングラートバッハ (Borussia VfL 1900 Mönchengladbach) などのチームがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言語です。


nice!(1)  コメント(0) 

ドイツ語学習の契機

ドイツ語は英語に比べると、我々には共感できる局面があります。ドイツ語の学習を進めていくと、ドイツ語には英語にはない特別な日本語のような感覚があり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。代表格がアルバイトというもともとはドイツ語の言葉、最近はバイトで定着していますが、ドイツ語の名詞 Arbeit(仕事)、動詞ではarbeiten(働く)が日本語化したものです。ちなみにドイツ語ではバイトはアルバイトでは通じません。英語のpart-time jobを外来語として使っています。変な現象ですね!ドイツ語をはじめようと決心した人は、中学校で学び始める英語とは違い、なにかその人の思い入れみたいなものがあるはずですよね。ドイツ語が日本語に似ていると気づく点は、それはドイツ語の独特の倒置法が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語では否定表現の場合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語の否定表現とは明らかに語順が違い、日本語のような枠構造になります。「私はそれが好きではない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't like it." "Ich mag es nicht." となり、「私は~しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。

しかしドイツ語もごく最近新書法という、コンピュータへの対応も見越したスペリングの改革が行われました。これは往年のドイツ語の文学的芳香を消し去るもので到底受け入れがたいとの声もありますが、時代の流れに押し寄られた形になってしまうのは、生きた言語としての宿命みたいなものがあるのも受け入れざるをえない事実です。

ドイツ語はメルセデス・ベンツ、BMV、フォルクス・ワーゲン、オペルなど高級外車のイメージにも関連して、モータースポーツなどでも主流の言語ですね。

ドイツ語の発音もとてもカンタンです。覚えるに要する時間は2時間くらいで十分です。フランス語の発音は20時間かけても一気に覚えるのは難しいですので、ドイツ語は日本人に向いていると言えます。ドイツ語は、元浦和レッズの細貝萌や原口元気など、日本人Jリーガーのブンデスリーガ移籍などで注目される場合もあるようです。


nice!(0)  コメント(0) 

ドイツ語圏の国・遥かなる想い II

ドイツとはこれまでさまざまな関わりをもってきました。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。北ドイツのハノーファーも魅力的な町です。ここでは世界的に有名な美女コンテストが開かれ、大きな見本市でも知られています。

特色ある地方都市が多いドイツですが一つ挙げるとすれば、やはりミュンヘンのオクトーバーフェストですね。ビール好きにはたまらない魅力があります。じゃがいもとソーセージとビール、毎晩続けると体重が心配になりますけどね。

ドイツ旅行の貴重な体験としては、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、ブラームスはその中でも最もドイツ的な響きの作品を作り上げたことで評価が高く人気の作曲家です。オーケストラ作品は規模が大きく協奏曲なども交響曲的編成と規模で書き上げているスケールの大きな作品を残しています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、全国高等学校サッカー選手権の最多得点記録保持者の大迫勇也が所属するTSV1860ミュンヘン(TSV Munchen von 1860)があります(現在2部リーグ)。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言葉です。


nice!(1)  コメント(0) 

ドイツ語教材・攻守の確立

ドイツ語は英語と近いと感じる部分はかなりありますが、実は日本語ともかなり近いと感じる部分も多いのです。ドイツ語で難しいのは変母音äöüですがエ、エ、ユで間に合いますので面白いくらい簡単です。

ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとか1FCケルン、シャルケ、ドルトムントなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

ドイツ語の学習を続けていると、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語の仕組みに通ずるものを発見します。ドイツ語をやってみようと思い立った人は、義務教育ではじめる英語学習とは根本的に異なる、なにかその人の思い入れみたいなものがあるはずですよね。ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。代表選手がアルバイトというドイツ語、この頃ではバイトというのが普通ですが、ドイツ語の die Arbeit(仕事)、arbeiten(働く)から外来語として定着したものです。このドイツ語のArbeitには日本語のバイトの意味はありません。バイトに当たるドイツ語は一般的には存在しません。ドイツ語が日本語に似ていると感じる点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語では否定表現の場合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私は彼女を愛していない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't love her." "Ich liebe sie nicht." となり、「私は~しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

ドイツ語の発音はカタカナ読みでほぼ完全と言っていいほどに対応できます。ドイツ語を話す地域はドイツではもちろんですが、オーストリア全土、スイスの一部地域、リヒテンシュタインなどの共通語でもあります。

ドイツ語が英語と違って面倒だと感じてしまうのは、格変化で名詞だけでなく形容詞までも変化するところでしょうか、冠詞類+形容詞+名詞類(3つの性)が最大の難関かもしれませんね。


nice!(0)  コメント(0) 

ドイツ語・限界突破

ドイツ語が日本語に通じると思い当たる点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則がその理由のように思います。

例えばデンマークの首都コペンハーゲンは英語ではCopenhagen[コウペンヘイゲン]ですが、ドイツ語ではKopenhagen[コペンハーゲン]です。

ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語の漢字・かな的な発想があることに気づきます。ドイツ語の学習の第一の壁は名詞の性かも知れません。男性、女性に加えて中性名詞というのもありますが、かえって中性名詞があることでフランス語にはない合理性も感じるはずです。

ドイツ語は英語と比較すると、我々にはわかりやすい側面があります。

ドイツ語では動詞の否定表現の場合、否定のnichtは文末に来ることが多く、これは英語の動詞の否定の仕方とは明らかに異なり、日本語のような思考の流れになります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。

ドイツ語をはじめようと思うに至るには、中学校で学び始める英語とは違い、なにかその人の自主性が感じられますよね。ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。有名なのがアルバイトという言葉、最近は略してバイトが普通ですが、ドイツ語の die Arbeit(仕事)、arbeiten(働く)から外来語として定着したものです。ではドイツ語ではアルバイトの意味の単語はあるのでしょうか、バイトに当たるドイツ語はありません。英語式にパートタイム・ジョブと呼んでいます。なんだかややこしいですね!ドイツ語を母国語としているのはドイツ連邦共和国だけでなく、隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの共通語でもあります。

ドイツ語の発音もとてもカンタンです。覚えるに要する時間は2時間くらいで十分です。フランス語の発音は20時間かけても一気に覚えるのは難しいですので、ドイツ語は日本人に向いていると言えます。
nice!(1)  コメント(0) 

ドイツ語・苦楽の極相

英語はフランス語の名詞を多く取り入れ、かなり言語として進化しているので、ある遺伝子を除いてはドイツ語とは別の言語のようになっています。

ドイツ語は英語よりも、我々には親しみやすい局面があります。ドイツ語はまた発音も日本語に近い母音なので、響きも日本語的に感じる場合も多いです。ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。代表選手がアルバイトというドイツ語、この頃ではバイトというのが普通ですが、アルバイトはドイツ語では「職業」「仕事」を意味するArbeitから派生した日本語の外来語です。ちなみにドイツ本国では、バイトのことは、part-time job と英語を使います。面白いですねドイツ語の発音で難しいのはö(オーウムラウト)ですが、これは「Oの変音」と言う名前の通り、オーと言った口の形でエーと発音するおとです。カタカナだと「エー」と表記します。Öl [エール] oil Vögel[フェーゲル] Vogel (鳥)の複数形などです。

ドイツ語では否定文を作る場合、否定詞は最後に来ることが多く、これは英語におけるnotの文法的な用法とは明らかに異なり、日本語的な言語の枠組みが見られます。「私は彼女を愛していない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't love her." "Ich liebe sie nicht." となり、「私は~しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語をはじめようと思うに至るには、中学校で学び始める英語とは違い、なにかその人の思い入れみたいなものがあるはずですよね。ドイツ語を話す地域はドイツ本国だけでなく、オーストリア全土、スイスの一部地域、リヒテンシュタインなどの公用語でもあります。

ドイツ語にだいぶ慣れてくると、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語の仕組みに通ずるものを発見します。ドイツ語はもともと学術的な言葉として日本には定着しています、昔は病院のカルテはすべてドイツ語で書かれていました、だから医学生には必修の言葉だったのです。

ドイツ語が日本語と似通っていると思う点は、それはドイツ語の語順の自由性が少なからず係りを持っていると考えられます。


nice!(0)  コメント(0) 

ドイツ・青春の光と影 II

ドイツについてはさまざまのな思い入れがとてもおおくあります。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。北ドイツのハンザ同盟都市でベルリンにつぐ現在のドイツ第2の都市といえばこの北海に近い港湾都市ハンブルクが挙げられます。

ドイツの都市で今何気なく甦ってくるものの一つは、バルト海に近いリューベックですオーストリアのザルツブルクを早朝に発ち、列車で夕刻にたどり着き、用事を済ませてその足でフランクフルトに向かった想い出があります。いこのかつてのハンザ同盟として栄えた小都市には独特の香りがあったのを覚えています。

ドイツの旅の想い出としては、ケルンを鉄道で通り過ぎた時にみたケルン大聖堂です。ケルンでは下車しませんでしたが駅のすぐ近くでその巨大さには威厳を感じました。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、近年R.シュトラウスも注目されています。器楽曲などではブラームスに近いロマン派的作品を残していますが、彼の真骨頂は交響詩と云う分野を確立させたところですね。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、香川真司が2010ー2012年シーズンまで在籍していた、ボルシア・ドルトムント BVボルシア09 e.V. ドルトムント(Ballspielverein Borussia 09 e.V. Dortmund)BVBがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。


nice!(0)  コメント(0) 

ドイツ語・黄昏の旅路

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。機能的な小都市が多いドイツですが、ベルリンがやはり大都市であらゆる文化の発信基地としての先端性を持っています。

ドイツで最も好きな都市の一つになるのは、やはりベルリンですね。ベルリンのフィルハーモニーは音楽ファンの聖地です。かつては西ベルリンの端にあったこのコンサートホールも東西統一によってベルリンの中心へと見事な転換を遂げています。

ドイツ旅行の印象深い出来事としては、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、ウェーバーを忘れてはいけません。歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、岡崎慎司が2013年まで所属していた、ドイツの自動車工業都市シュツットガルトに本拠を置くVfBシュトゥットガルトがあります。現在の岡崎慎司は同じブンデスリーガの1.FSVマインツ05に移籍しています。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。


nice!(0)  コメント(0) 

ドイツ語マスター・第一歩からの脱却

ドイツ語は英語にはない、私たち日本人にはわかりやすい一面があります。ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語の動詞の否定の仕方とは明らかに異なり、日本語のような思考の流れになります。「私は彼女を愛していない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't love her." "Ich liebe sie nicht." となり、「私は~しない。」という否定の表現がドイツ語と日本語では最後に置かれるという共通点があります。

ドイツ語はまた発音も日本語に近い母音なので、響きも日本語的に感じる場合も多いです。ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガスボンベはドイツ語由来の言葉ですが、ドイツ語ではボンベは爆弾のことです。ドイツ語ではガスタンクというのが本来です。この語の場合は間違って定着した言葉ですね。例えばデンマークの首都コペンハーゲンは英語ではCopenhagen[コウペンヘイゲン]ですが、ドイツ語ではKopenhagen[コペンハーゲン]です。

ドイツ語の学習を続けていると、結構ドイツ語は英語とは違い日本語の漢字・かな的な発想があることに気づきます。ドイツ語は最近若い人の間でもプチブームが起きているようです。ドイツのブンデスリーガに移籍するJリーガーファンにもドイツ語を勉強している人がいるようです。

ドイツ語をはじめようと考えている人は、何がきっかけでそういう思いになったのでしょうか。ドイツ語が日本語に近いと気づく点は、それはドイツ語の独自の語順の原則がその理由のように思います。

ドイツ語が使われているのはドイツではもちろんですが、オーストリアとスイスの一部地域の共通語でもあります。

ドイツ語は割と楽に取り組めます。格変化はちょっとややこしいかもしれませんけどね。


nice!(0)  コメント(0) 

独逸・過去から未来へ

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツには魅力あふれる都市が多くそれぞれに深い歴史があります。機能的な小都市が多いドイツですが、ベルリンがやはり大都市であらゆる文化の発信基地としての先端性を持っています。

ドイツの都市で今何気なく甦ってくるものの一つは、やはりミュンヘンのオクトーバーフェストですね。ビール好きにはたまらない魅力があります。じゃがいもとソーセージとビール、毎晩続けると体重が心配になりますけどね。

ドイツの旅で忘れられないのが、ベルリンのブランデンブルク門が印象深いです。壁の崩壊の直前と直後に訪れたので、リアルな出来事として感慨深いものがあります。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、ブラームスはその中でも人気で、重厚なドイツの響きともいうべき作品を多く作り上げたことで評価が高い作曲家です。「ドイツ・レクイエム」と言う彼の作品があります。宗教的作品はあまり多くありませんが、通常はラテン語のレクイエムをドイツ語の翻訳を歌詞にして書き上げたことにブラームスのドイツ語への愛情を感じます。しかしこの作品、原題は Ein deutsches Requiem で日本語に訳すときは、「ドイツレクエイム」と訳されていますが、ドイツをまるまる背負っているようなものではなく、「ある一つのドイツ語のレクイエム」という控えめな訳し方にしたほうがブラームスの本来の意図に近いような気がします。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、全国高等学校サッカー選手権の最多得点記録保持者の大迫勇也が所属するTSV1860ミュンヘン(TSV Munchen von 1860)があります(現在2部リーグ)。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。